スポンサーリンク

ゲイの僕が30歳で両親にカミングアウトした理由

●誰でも読める話
スポンサーリンク

自分の親に、
自分がゲイであることをカミングアウトするべきかどうか、
悩んでいるキミ。

僕は30歳の時に、
自分がゲイであることを両親に告げたんだ。

あ、でも、
この記事は「カミングアウトをするべきだ!」って強く押し付けたりはしないからね。
これを読んで、

「自分だったらどうだろう」

って考えてほしいな。

実は、
親にカミングアウトすることは、
もうずっと前から決めてたことでね。
「30歳になったら、必ず伝えるんだ」って思ってた。

だけどここで誤解してほしくないのは、

世の中のゲイが、
全員、親にカミングアウトするべきだ、
と、
思っているわけじゃない。

ってことね。

でも、
親にカミングアウトをするべきどうか考えている人に、
カミングアウトについて、深く考えるきっかけになってほしいと思うんだ。

カミングアウト。
なんで、するのか。
なんで、しないのか。
カミングアウトして、どうすんの?
ゲイを隠し続けて、どうすんの?

人それぞれの考え方があるから、世の中は豊かになるんだよね。
僕が考えたことを知ってもらって、
いろいろ考えてほしいと思います。

上野正卯(うえの・しょうぼう)


1979年・千葉県生まれ・ゲイ。
現在、付き合って7年になる彼氏と同棲中。
大学卒業後は教育業界で18年。
ゲイとして悩んだり工夫したりしたことが、
多方面で大きく活用できることを実感しています。

スポンサーリンク

カミングアウトするべき理由

僕と、僕の親のケースは、
カミングアウトするべきだと思ったんだ。
その理由がありすぎて(笑)、
思いつく限り書いてみるね。

親が僕を産んだ年齢が30歳

僕は、両親が30歳に時に誕生した子だ。
ウチの両親は25歳で結婚、30歳で長男の僕が生まれた。
25歳で結婚っていうのは、昔で言えば少し遅いくらいだから、
僕に25歳で結婚しろとは言わなかったみたい。
だけど、
さすがに30歳になっても結婚の気配がないとなると、
「自分たちのころと比べて」っていう意識も強まって、
結婚を促すアクセルが強まってくる
と思ったんだ。

もちろんカミングアウトはためらったけど、
ためらっても30歳までだな、っていうのはそういう理由。

親が僕の結婚を願っていたから

直接は言ってこなかったんだけど、
もうね、結婚を意識されてることは伝わってくる(笑)

僕と同い年くらいの親戚やいとこや、
小学校の時の同級生のママ友とかからの情報なんだろうね。
「あの子が結婚するんだって」とか「○○君がパパになったんだって」とか
ちょくちょく言ってくるw

まぁ、多くの場合は、
自分の両親はゲイじゃないだろうし、ストレートなんだろうから、
我が子が結婚して、子どもを作って、孫が生まれることになると思ってるんだろうね。

そして、
それが幸せなんだと思ってる。

だけど、
僕はゲイだ。
女性と結婚もしないし、できないし、
子どもを作ることだってできない。

今は何とかごまかしていても、
いつか、親が、
「ウチの子は、結婚もしなけりゃ子どもも産まない」
諦める時が来る。

そして親がそれを諦める瞬間って、
ながーい時間をかけて、真綿で首を締めるように、
少しずつ、少しずつ、分かっていくんだ。

もちろん、何となく悟ってくれる親もいると思う。

だけど僕の親は、
諦めがつくわけでもなく、
小さな望みにいつまでも期待し続けるタイプなんだ。

僕は、それを、
残虐だと思った。

まずは、
僕が結婚して家庭を築くという、
全く望みのないことに、望みを持ってしまっているなら、
断ち切る必要があると思った。

だから、
ゲイをカミングアウトしようと思ったんだ。
これが理由の一つかな。

ゲイの僕が女性と結婚しても誰も幸せにならない

これは僕の人生の場合だから、あんまり真に受けないでね。

ゲイの僕が女性と結婚しても、
「誰ひとりとして、幸せにならない」という結論に至ったんだ。

  1. 好きでもない女性と結婚すると、僕が幸せじゃない。
  2. 職場でも仮面をかぶり、帰宅しても仮面をかぶる。
  3. すると仕事が終わっても家に帰りたくなくなる。
  4. つまり家での居場所がなくなる。
  5. 次第に家の外に居場所を求めることになる。
  6. 家の外に心の居場所を作るなら、女性ではなく「男性」を求めてしまいそう。
  7. 定期的に外で会う男性ができる。
  8. そのたびに、家族や妻にウソをつくことになる。
  9. それを何十年と続ける。
  10. いずれ浮気がバレる。何十年も一緒に暮らしてて隠し通せるわけがない。
  11. 浮気や小さな遊びじゃなく、これは結婚生活を破綻させるレベルの事案。
  12. 「夫が、父親が、ゲイだった」という衝撃が、妻や子どもや親戚、友人に与える衝撃のなんと大きなことか。
  13. 妻が僕と別れて再婚を考えたとしても、男性を信じることに抵抗を持つのではないか。
  14. 子どもに「僕の父親はゲイで、僕とお母さんの人生をめちゃくちゃにした」と思わせてしまう。
  15. 僕は自分がゲイだということがバレると大変なことになると分かってて隠した。確信犯的。
  16. パートナーや子ども、家族を幸せにするための生活じゃなく、自分の保身のための生活。極めて自己中心的。
  17. ゲイがバレて離婚した場合、親を安心させるどころじゃなくなる。
  18. そして、これらのリスクと、「ゲイを隠し通して親を安心させる」ということを天秤にかけて、女性と結婚しないことに決めた。

・・・と、こんな順番で考えたんだ。

僕はきっと、自分の感情を抑えることはできない。
冷静にふるまっているけど、
いや、でも実際に冷静に考える。
冷静に頭で考えて、最後は必ず僕の心が決めてきた。

そういう僕の性格を考えて、この結論に至ったんだ。

親が死ぬまであとどのくらい?

親の「結婚しないの?」が、
単純にツラかった。
だから実家を出てひとり暮らしを始めたくらいだからね。

だからいっそのこと、
早く死んでくれたら楽なのに、とも思った。
そんな親子関係なんて、最低だ。

だけどそう思った時、
親って、あとどのくらい生きられるんだろう、って考えたんだ。

だってさ、
カミングアウト当時、僕は30歳。
親は60歳。
ふたりとも今は元気だけど、
長く生きたとしてもあと30年。
毎年、正月とお盆に帰ったとして、
あと60回も顔を合わせたら、

親は、死ぬんだ。

60回って言ったら、
毎日顔を合わせていたら2カ月だ。
その2カ月を、
顔を合わせるたびに「この親と話したくない」って思って過ごしたくない。

そして残り少ない親との時間。
親と顔を合わせるたびに、
ずっと親から逃げ続けるのか?って思った。

とはいっても、
親にゲイをカミングアウトしたら、
きっと親もつらい気持ちになるだろう。

だけど、
子育ても終わって、老後をボーッと生きるくらいなら、
もう「ひと山」あってもいいかなと思った(笑)。
一緒にこの「ひと山」を乗り越えて、
親がね、
死ぬ間際に「ドタバタしたけど、楽しかった」って思ってくれたら嬉しいな。

僕の結婚に期待させたくないから

仮に、
僕が女性と結婚もせず、ゲイであることを隠し続けながら独身でいたとしよう。

親は、僕がゲイだと分かりもせず、
ずーーっと僕の結婚をひそかに願いながら年老いていくんだ。

期待させつつ、その期待(結婚)が実ることはない。
いっそのこと、ボケてくれた方が楽なのに、とさえ思ってしまう。

これは、僕の望む親子関係でないことは確かだった。

または、
僕が「結婚するつもりはない」と伝えることも考えた。
ゲイだとは明かさずにね。

でも、心配性の両親のことだ、
見合い話を持ってきそうだったんだ。
僕の父親は大工で、地元の地域にいろいろな知り合いがいる。顔が広い。
そんな父親が「ウチの息子にいい嫁さんいねぇかなぁ」なんて日頃から口にしていたら、
お見合いの話が立っても不思議じゃない。
断ったら断ったで角が立つし、
そんなことで、いちいち親の気を揉ませるのも嫌だし、
僕が相手の親と合わせる顔もない。(地元だから同級生の親だったりする)

とにかく、
今までいろいろ気を遣って生きてきた。
だからこれ以上、気を遣って生きるのは疲れた。

僕が親だったら、我が子の苦しみを知りたいと思うから

逆に、親の立場に立って考えてみた。

幸いにも、僕は仕事柄、多くの親の気持ちをたくさん耳にする。
親の気持ちは、たいていの場合、

「子どもの幸せを願う」

ということだと思う。

我が子がゲイだと知らなかったとはいえ、
親のエゴで進めた結婚話が、
我が子を究極的に苦しめることになるとしたら、
僕が親だったら、悔やんでも悔やんでも悔やみきれない。

また、
我が子がゲイであり、
そのことで悩み苦しんでいるとしたら、
我が子の力になりたいと心から強く思う。

ましてや、
女性との結婚を勧めるなんて、間違ってもしない。

むしろ、
我が子の悩み苦しみをちゃんと知り、向き合いたい。

自分の親がそう思うかどうかは分からないけど、
親のエキスで教育された息子の僕がそう思うんだから、
親も似た考え方になってもおかしくないんじゃないかな。

世間体を考えて結婚をすることに納得いかないから

ってよく言われる。

ここで注意して考えなきゃいけないのは、
「誰の世間体を気にするのか」だと思うんだ。

親が親自身の世間体を気にするのは、
「ウチの子がゲイ」「自分(親)」が恥ずかしい
なのか、
「ウチの子がゲイ」「ウチの子」がツラい思いをする
なのかで、
全然違ってくるよね。

つまり、
親が「私が恥ずかしいから、頼むから結婚してくれ」
って言うのは、
親のための結婚じゃん。

親が「お前が恥ずかしい思いをするから、結婚した方がいいぞ」
って言うのは、
まだ子どものことを考えてくれていると思うんだよね。

でも僕の考え方は、

誰と、
どんな理由で、
結婚しようが、
自由だと思うんだ。

愛を証明するために結婚する人もいるし、
家系を絶やさないために結婚する人もいるし、
税金対策のために結婚する人もいるし、
経済的な問題で結婚する人もいるし、
愛を誓うために結婚する人もいる。

大切なのは、
自分の人生で、
何を信じて、何を大切に生きるかは、
人によって違う

ってことなんじゃないかな。

そしてもう一つ重要なのが、
それによって誰かを傷つけることはなるべくしないでね(公共の福祉)
ってこと。

どんな理由だったにせよ、
誰かが結婚したくないのに、無理矢理、結婚させられちゃうとかね。
ちゃんと考える力を持った二人(結婚できる年齢に達してるってことね)が、
二人の納得の上で、
結婚するっていうなら、
それは許されるべきだと思う。

そこで「世間体」っていうのは、
まったくもって関係ない話。
気にするとしたら、
結婚する二人が気にすればいいだけ。

あ、世間体については、
僕も思うところがあるので、
よかったらこちらの記事も読んでみてください♪
世間体を気にするのをやめたい

人間の人生を考えた

僕はいちいち大げさなので(笑)、
カミングアウトから人生を考えちゃったのね(笑)。

今考えると、いつまで中二病だったんだよって思うw

でもこれって人生の中で一度はちゃんと考える必要があると思っていて、
それが中学2年生の時なら別にそれでいいんだけど、
中学2年生じゃなくてもさ、
今の年齢になって考えたって、ちっともおかしくないんだよね。
初恋がいつだったかなんて人によるようなもんでね。

でもね、
自分の人生が終わる瞬間って、
きっと、
「あぁ、俺の人生も捨てたもんじゃなかったなぁ」とか、
「こんなんじゃ終われない、終わりたくない、まだやりたいことたくさんあった」とか、
自分の人生を大きく振り返ると思うんだよね。

その時に、
「僕が死ぬまで隠し通すことができた」って思うのと、
「カミングアウトして大変だったけど、一緒に乗り越えることができた」って思うのと、
僕は前者より後者の方が好きだな。

あ、別に前者が間違いだって言ってるわけじゃない。
自分の気持ちが惹かれるのは、後者だなぁってだけ。
前者の方が好きな人は、前者を信じて頑張ればいいし、
後者の方が好きな人は、後者を信じて頑張ればいい。

信じた道を、信じて進めば、信じたとおりになると思うからね。

言うべきでない理由

僕には見当たらなかった

と、まぁ、
ここまで僕は言うつもりで考えてきたから、
親にカミングアウトしない理由がなかった(笑)。

もう、答えありきで進んじゃってたからね(笑)。

でもなるべく気持ち優先で突っ走っちゃわないように、
なるべく冷静に考えたつもりなんだ。

カミングアウトしたらどうなるのか。僕は?親は?周りは?
カミングアウトしなかったらどうなるのか。僕は?親は?周りは?

カミングアウトに前向きな姿勢は守りつつ、
メリット・デメリットをよく考えたつもり。

親を悲しませないため

それでもやっぱり、
もっとも僕の脳裏をよぎったのは、
「あなたの息子はゲイです」
って伝えることで、
親がシンプルに大きく傷つくこと。

実際、傷ついたと思うし、
僕がゲイだと知って、
親は今でも僕の人生を心配してる。
普通の人生じゃないから、
何かあったらどうすればいいのかいちいち考えなきゃいけないとか、
みんなができることを、ゲイが原因でウチの子だけできなかったら、とかね。

でも僕は実際、
そんなことは今までもたくさん経験してきたし、
みんなと違うことで傷ついたりしても、
問題を解決したり、自分の捉え方を変えたり、価値観を変えたりして、
何とか乗り越えてきたつもり。
だから親が心配するほど、そんなに辛くはなくなってきたんだ。
この年になるとね。

でもやっぱりまだ結婚できなかったり、
みんなから人間的には受け入れてもらえても、
法的に認められなかったりすることはたくさんある。

そういう心配をさせないために、
親にゲイであることを隠して生きていくって言う選択肢も、あるにはあるんだよね。

だけど、ね。

偽装結婚して幸せなフリを見せたら、死んだ後に気付くんだろうな

例えば僕が、
好きでもない女性と結婚して、
ほんっっっっとにめちゃくちゃ頑張って子どもを作ったとするじゃん。

偽装結婚だよね。

そしたら表面上は、親は安心するよ。
だけど親が死んだらさ、
あの世から僕の心を見透かして、
「ずっと嘘をつき通してたんだな、私たち親の幸せのために・・・」
「この子はずっと幸せになれずに生きていくんだな」

って思ったはずなんだよね。

結局、分かっちゃうんだ。
あの世から全部見てるはず。

ウチの親は「とりあえず結婚さえしてくれれば」とは思わないはず

そうなんだよ、
「表面的でもいいから、結婚さえしてくれれば」
って思わない親だと思うんだ、ウチの親は。
仮に頑張って女性と結婚しても、
「かわいそうな結婚だ」
って思ったはず。

それでもボクに女性との結婚を望むとしたら

僕は人の親になったっことはないけど、
親は、
子どもの幸せを願うはず。
そして子どもが幸せになることが、親の幸せになると思う。

僕がカミングアウトした結果、
もし、親が「隠し通して女性と結婚しなさい」と言ってきたらどうしよう
と思ったのね。

でも気持ちは分かる。
僕だって一度はそう思ったもん。
いや、一度や二度じゃないよ。
何度もそう思って、何度もチャレンジしようとした。
でもそのたびに、
僕の心も体も「違う」って反応をして、
ボロボロになっていった。

それでも親が、女性との結婚を望むとしたら、
理由があるはずなんだ。

理由①:親は僕じゃないから

まず一つ目は、
ゲイがどういうものかよく分かっていない可能性があるってこと。
僕は、心も体も女性に反応しないっていうのが本人だからわかるけど、
親は、僕じゃないから分からないんだ。
どういうことか、分からない。
「息を吸えば空気が肺に入るだろ」っていうのと同じくらい、
「男は女に惹かれるもの」って思っててもおかしくない。

だから、
ゲイっていうものがどういうものなのか、
ずーーっと教え続けていく必要があると思ったんだ。

僕本人でさえ、
自分がゲイであることを受け入れるのに10年はかかった。
親は僕じゃないんだから、
僕がゲイであることを受け入れるのに20年かかってもおかしくないと思う。

だからそれまでは、
僕に、女性との結婚を望んでも仕方ないかなって思ってる。

理由②:目に見えない「幸せ」より、目に見える「世間からの評価」の方が分かりやすいから

あなたは今、幸せですか?

って言われて、
自分が幸せかどうかわからないことって、あると思う。

そのくらい「幸せ」って掴みようのないフワッとしたものだよね。

だけど「世間からの評価」って目に見えるんだ。
会社の中での立場とか、自分についての噂とか、
業績とか、成績とか、記録とか、成し遂げたこととか、年収とか。

フワッとした「幸せ」なんかより、
数値化できる「世間からの評価」の方が目に見えて分かりやすいんだ。

人は、
未来が不確かだから、
少しでも明確に未来を見たいと願う。
だから、
「幸せ」より「世間体」を選ぶことって、よくあると思うんだ。

それは不安になればなるほど、そうなる。

親が、そういう思考回路になって、
僕に女性との結婚を推し進めてくる可能性もある。

だとしたら、
僕はそれを深く気にすることはしない。
僕の人生を心配しての発言だから。
言葉に耳を傾けはするけれど、
従わなきゃいい話だからね。

もしウチの親が僕の幸せを願わないなら、僕は縁を切る覚悟

もし、僕の親が、
僕の幸せを願わず、
僕の状況を正しく理解したうえでもなお、
本心から、女性との結婚を推し進めてくるなら、
僕は、親と縁を切る覚悟を持ってる。

これはもう、
人生観が根本的に違いすぎて、
話し合ってもどうにも着地できそうにないなら、
僕の人生を親のために犠牲にするつもりはないので、
親は死んだものとして生きていく覚悟はできていました。

そういう意味でも、
社会に出て、自分だけで食べていけるようになってからカミングアウトした方が、
いざとなったら家族から距離を置くこともできるから、いいと思うよ。

幸い、今はそういう状況には至っていないので(笑)、
これからも「ゲイってこういう人間なんですよ~」って伝え続けるね(笑)。

道を選ぶときは、頭と心を信じる

僕がゲイであることを隠して、結婚して家庭を築く、
っていう手もあった。
実際にそうしているゲイも、世の中にはたくさんいる。

その道を信じて進む人は、
その道を信じて進むべきだと思う。

実際、生きているといろんな選択を迫られる場面にあう。
でも、どのチョイスが正解なんて、言えることじゃない。
自分が「この道だ」と信じた道こそが、
最も力が入って、パフォーマンスが上がって、
結果がついてくるんだと思う。

学習塾で生徒たちの進路について相談に乗るうち、分かったんだ。

帰国子女の生徒がいたのね。
周りの生徒「あいつ英語ペラペラで羨ましいよ」って言う。
だけど当の本人「英語も日本語も中途半端で自分の居場所がない」って言う。

どの道を選んでも、
メリットとデメリットがある。
だったら、

頭を使って状況とスペック比較をしたのち、
自分の心が信じる道を進みたい。

僕の場合は、
女性との結婚だと納得ができなかったんだ。それだけ。
ゲイとして生きる道に、納得ができた。
だから、
女性との結婚に納得できる人なら、そちらを選んだ方がいいと思う。

どちらも納得できないなら、
両方の道をもっともっとしっかり見たり想像したりして、
その状況にある自分をイメージするんだ。
そして、その状況の自分にこう聞く。

「お前って今、幸せ?」

頭で考え、心で感じて、
信じた方に進むしかないと思う。

進んだら、あとはどう楽しむか、だな

まとめ

ゲイの僕が30歳で両親にカミングアウトした理由

コメント

  1. […] 30歳を迎えた僕は、両親にゲイをカミングアウトする必要があるなぁーと思ったんだけど、(前記事はこちら「ゲイの僕が30歳で両親にカミングアウトした理由」) […]