スポンサーリンク

人を信じることができない

●誰でも読める話
スポンサーリンク

人を信じるってどういうこと?

人を信じるっていう感覚が分からない

僕もかつて人を信じていませんでした。
今は、・・・うーん、信じているのかなぁ(笑)

人を信じられないあなたに、
今日は僕からちょっと変わったアドバイスをお送りしまーす。

上野正卯(うえの・しょうぼう)


1979年・千葉県生まれ・ゲイ。
現在、付き合って7年になる彼氏と同棲中。
大学卒業後は教育業界で18年。
ゲイとして悩んだり工夫したりしたことが、
多方面で大きく活用できることを実感しています。

スポンサーリンク

人を信じられない理由は1つ

まずですね、
人を信じられない理由は、たぶんこれ一択です。

過去に信頼を裏切られたことがあるから

今までに、
自分が信じていた人から、ひどい仕打ちを受けて、
それ以来、信じることが怖くてできなくなった、ということです。

これは当たり前です。
正しい反応です。

「信じる」という行為の先に「大きく傷つく」という事象が起きた。
そりゃ、「信じる」=「傷つく」っていう思考回路が、
もう人生レベルでインプットされちゃうよ~。

「目の前にイケメン」=「よだれ」
と同じw

【結論】人を信じることなんて、できなくていい

あのね、
そもそも「人を信じる」なんてできなくていいっすw

人間なんて完璧じゃないんだから、
たとえ相手が恋人だろうと、
自分がモンスターに追い詰められて殺されそうになってても、
助けに来てくれるとは限らないんだよw

そんな、
「信じる」ことが素晴らしいことのように世の中の歌は歌ってるけど、
それが正しいとは限らないからね。

まぁ、「宝くじが当たる!」って信じてた方が、
ゲーム性が高まって楽しいからさ、
夢も膨らむってことなんだろうけど、
相手が人間ってなると、それはどうかなーって思う。

何かを信じることは「自分の考えを狭める」こと

だって、そもそもね、
「何かを信じる」っていうのは、
自分の考えを狭くしちゃいません?

例えばさ、
「今日は雨が降る」って信じてたとするじゃん。
そしたら、
万が一、晴れちゃったら傷つくでしょ。
でもそもそも雨も晴れも信じてなかったら、
晴れても雨が降っても、
「あー、晴れたな」「あー、雨だな」
で終わる
もん。
両方、ストンと受け入れられるんだよ。

神を信じている人って

こんなこと書いたら怒られそうだけど、
神を信じている人たちっているじゃん。
あの人たちってさ、
何百年もずーーーと戦争しつづけてるじゃない。
みんなで何百年も殺しあってるのよ。
神がそんなことを願うかね?
人間が殺しあうのを願ってるなら、そんな神はこっちからごめんだよ。
もしくは人類の滅亡を願っているなら、むしろ神はいるのかも。
とか思っちゃう。

だからといってね、
誤解してほしくないんだけど、
別に神を信じている人たちがずっと殺しあってるわけじゃないよ。
穏やかな人たちだっている。
むしろ、そういう穏やかな人たちの方が大多数。
そこは間違っちゃいけない。

だけど、
信じてたって殺しあうし、信じてなくたって幸せな人は幸せなんだよ。

「分からない」って立場が、
「信じる」方にも振れるし、「信じない」方にも振れる、
一番フリーで、視野が広い立場なんじゃないかなー。

ちょーっと余談「僕は神様を・・・」

僕は神様を信じていない訳じゃないですw

いや、
信じてない訳じゃないし、
信じてるわけでもないんだよなー。

いや、だってね、
神様なんて、見たことないもんw
だけど「見た」とか「いる」っていう人もいるじゃん。

「分からない」
なんですよ、僕は。

だから、
分からないものは、当然信じられないし、
いるって言う人がいる以上は、いるのかもしれない。

いや、マジで
わっかんない!(笑)

そういう結論でもいいと思うんだよなー、おれ。

過去は信じる。未来は信じない。

過去は変わらない。
だから、過去にやってきた栄光を信じることは、できる。

だけど、未来は変わる。
不確かなもの。
100%なんて、ないし、0%も、ない。
1%~99%の間で揺れ動くものなんだよな。
それは信ずるに値しない。
極めて非科学的。

それでも信じたかったなら止めないけど、
傷つくのが怖くて信じることが・・・っていう人は、
無理して、先の見えない未来を信じるだけ、疲れるよ。

※ちょーっと余談「信じるパワー」

ただし、例外的に、
「信じた方がパワーが生まれる」っていうのはリアルにある。

例えば僕の場合。
生徒を指導していて、
「こういう精神状態にしたい」と強く願ううちに、
「もうこの子は僕の指導を受けたらこういう気持ちになって
 勉強のやる気が上がって、楽しくなっていく」
って信じて信じて、もうスーパー強く信じて指導してるw
そうすると、
そういう空気感が全身から出てきちゃうのか(笑)、
生徒はそっちに持っていかれるね。

あと例えば、コロナの終息を強く信じて頑張るとか。
終息を強く信じていれば、
そのための行動も強く出られるんだよ。

そういう空気感を作り出すとか、
自分が「でーきーるーぜぇーー!!」って強く念じてると、
パフォーマンスが上がるのは、リアルにあるかな。

やれ。

誰かを信じられない、っていうのは、
別に変なことじゃない。
むしろとても合理的。

「いやぁー、人を信じられるようになりたい」

って思い悩むより、

目の前のことを楽しんだ方がいいよ、絶対。
思いっきり、楽しめ!
もう、好きなことを全力でやれ!!ww

そうすれば、
楽しんで笑顔でやってる君の姿を見て、
ほほんでくれる人が表れる。
自分がやってて楽しいことをしていると、
その「好き好きオーラ」に導かれるように、人が集まってくるから。
そうしたら、みんなが自分のことを愛してくれる。

そうしたらようやく自分を愛することができるよ。
そして、自分を信じることができるんだ。

まとめ

人を信じる必要はない

未来を信じる必要もない

今を楽しむと、人が寄ってくるから、仲間と愛し合え!

コメント