スポンサーリンク

「やればできる」の正体

●誰でも読める話
スポンサーリンク

「やればできる」っていう言葉、ありますよね。
ゲイの界隈ではあんまり聞きませんが(笑)。

なんか一時期「やればできる子=YDK」とかあったけど、
そう言えるのは、ある条件が整った場合だけです。

でもこれね、
こういう発言する人って、どういう感覚なのか、
そして本当に「やればできる」のか。
今日はこの辺を深堀してお話したいと思いまーす。

スポンサーリンク

「やればできる」は思い込み

まず「やればできる」と思う人は、
実際に「やってできた」という経験を、いっぱいしてきた人です。

経験則でモノを言っているってことです。

つまり、
「やってもできない」と思う人は、
実際に「やったけどできなかった」という経験を、いっぱいしてきた人ってことです。

つまり、

「やればできる」は思い込みってことです。

「やればできる」の効果はある

「やってもできない」って思っている人ってさ、
いくら頑張ってもできないって思ってるから、
力が入んないんですよね。

だけど、「やればできる」って思っている人は、
頑張ればなんとかなるって思ってるから、
「おりゃあ~!」って力が入っちゃうんですよ。

その「力の差」が、結果に影響することはあるよね。

だから、
成功体験をいっぱいしてきた人は、成功しやすいし、
成功体験を全然してこなかった人は、成功しずらいんだよね。

これを「自己暗示」って言います。

つまり、
自分は今までいくらやってもできなかったけど、
今までの経験なんて全部無視して、
っていうか、いっそのことバカになって(笑)、
「どっかーん!!ってやればできるっしょー!!」
って吹っ切れてやっちゃうと、できちゃうことかもしれません。

「やってもできない」の効果

一方、「俺なんてやってもできないよ」の効果は、絶大です。
人間は、過去に犯した過ちを二度と繰り返したくないと強く願う本能があります。
分かりやすく言うと「トラウマ」がそうです。

昔、本当にツラい出来事があったとします。
それは忘れようとしても忘れられないくらい、苦しい思い出です。
思い出すだけで、当時の空気管とか胸の圧迫感がすぐ蘇ってきます。

それはね、
あなたの体が、あなた自身に、
「あれは本当に辛かったから、もう二度と同じ目に合わないように、しっかり覚えておくんだぞ」として、
「トラウマ」として特別に強く記憶させてくれているんです。

これは人間の防御本能なんですね。

だからトラウマは悪くないんです。
トラウマがなくなっちゃったら、
過去に交通事故に遭ったとしても、その時のツラさを忘れちゃうから、また道路に飛び出しちゃうかもしれない。
それを防ぐために、強い恐怖とともに、忘れないように強く記憶しているわけですね。

「やってもできない」はそれに似ています。

過去に挑戦したけれど、失敗した。うまくいかなかった。恥をかいた。
それがツラかった。だから二度と同じ思いはしたくない。

・・・と思うわけですね。
だからツラい目に合わないために、挑戦そのものを実行しないくらいになります。
つまり、やる気がなくなるわけですね。挑戦しなけりゃ失敗もしませんから。
だけど、社会的に、情況的に、挑戦しなきゃいけない場面になっちゃった、と。
でも失敗したくないから、挑戦したくない。
そうすると全力にはなりません。

そして「やってもできない」という結果に至るわけです。

「やればできる」に切り替えるには

「やってもできない」という思考回路より、
「やればできる」の思考回路の方が、結果が出やすい。

それなら、どうすれば「やってもできない」から「やればできる」に切り替えられるのかー??

それはですね、
2つの方法があります。

①心理的アプローチ

これはハッキリ言って「気分の問題」です。
だから、思い切って気分を変えちゃうんですね。

例えば「やればできる」「やればできる」と繰り返しつぶやいて、その気になっちゃう。
難しいことは考えずに、やればできる自分を強くイメージして、できることしか考えない状態にしちゃう。
ある意味「バカになる」ってことかもしれません(笑)。
「ウェイウェイww」なテンションでもいいかもしれませんw

「気持ちなんかで変わるかよ」って思うかもしれませんが、
「やってもできない」って「気持ち」に、あなたのパフォーマンスは負けてるんですからね。
「気持なんか」って思ってるなら、その「気持ち」を変えてみてください。

②論理的アプローチ

気持ちを変えるのが苦手な人は、
逆に気持ちを変えることは諦めましょう。
何が原因で失敗につながっているのか、思いっきり直視して、大胆に改善してください。
そして「これならイケるかもしれない」ってレベルまで改善しましょう。

そうしたら、もうネガティブな気持ちなんて関係ありません。

だって、気持ちの次元を脱してますよ、そうなったら(笑)。
原因を分析して、冷静に対策を練って、準備をして、計画的に挑みます。
ここまで来たら論破するようなもんです(笑)、成功しますよ、現実的に。

って言ったけど、

そうして最終的に「気持ち」を上げていきます。
そして、状況的にも成功するしかない、気持ち的にも成功するイメージしかない、ってなるので、
そりゃー、成功しますよね。

ちなみに僕は②のタイプです(笑)。

 

いかがでしたでしょうか。
「やればできる」のパワーは、
ネガティブに使うと「トラウマ」だけど、
ポジティブに使うと、そのトラウマくらいの強さでプラスの効果をもたらしますからね。

バカにできませんよー♪

コメント