スポンサーリンク

SNSでしつこいゲイに遭った⑤ しつこい人の思考回路

●ゲイの人向け
スポンサーリンク

はいっ、ということでshoboです。

ここ最近はシリーズで、しつこい人の対処法についてお話していますが、
最終回の今日は、しつこい人の考え方についてご紹介します。

しつこい人って、こういう思考回路で物事を考えている人が多いので、
この辺の特徴を踏まえながら、いろいろな接し方を考えていけばいいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

しつこい人は「自分軸」で物事を考える

これは何度かここまでに話してますけど、
しつこい人は「自己中心」です。
自分の考え方を相手に押し付けることで、
「自分もこの考え方・やり方で幸せなんだから、相手もそうだろう」
と思い込んでいることが多いです。

自分に考え方があるように、
相手にも考え方があるんだ。

という当たり前のことを、全くもって分かっていない人たちです。
そういう人たちに、何を言っても分かってくれません。

ですから、まずは近づかないのが一番です。
そして、
説得を試みても失敗します。
なので好意を持たれてしまった場合は、
相手の理想とは程遠い自分を演じるといいです。

接触頻度を下げる

これも何度も言っていますね♪

月に1回、8時間おしゃべりするより、
月に8回、1時間ずつおしゃべりした方が、
好感度は上がります。

つまり、接触頻度を下げれば、好感度も下がるということです。
しかも最後に接した時の印象が悪ければ、
接触していない間に、イメージはどんどん下がります。
これを利用しましょう。

警察への相談をためらわない

命の危険を感じた場合、
「怖い」と感じた場合、
警察への相談をためらわないことが大切です。

もしくは、相談できる相手に相談しましょう。

当事者では気づかないことでも、
部外者から見たら「いやいやいやいや、それはヤバいでしょ」って気づくことも多いです。

自分だけで抱え込まないこと。
自分では気が付かない危険信号を、あなたの相談相手が見つけてくれるかもしれません。

結果的に出会う機会を減らしちゃうのは嫌だ

SNSは、人と人の出会いの場です。
恋人、友達、いろんな関係があるかもだけど、
出会うのが怖くて、結局あんまりリアルできない、っていうのは本末転倒です。

基本的に、僕らはゲイです。

多少なりとも、みんな苦しんでここまで生きてきた人種です。
傷つけあったり、疑い深くなったりするより、
本当なら信じあっていける仲間に出逢えたら、とても素敵なことだと思います。

だからまずは、
あなたがそんな信用できる人になりましょう。
そうすれば、あなたと出会う人はみんな幸せになりますから♪

 

・・・いいこと言うでしょーwww

コメント